2012年1月からゆる~く冷えとり生活をはじめました。冷えとり初心者の日々のキロク。

冷えとりと花粉症*花粉症は毒出し?

2012/02/27 * * コメント(0)

花粉症の季節がやってきましたねー!
すでに私や家族たちは花粉症の症状が出始めてます。
スギ花粉症の方は、何かしらもう症状が出ている方も多いのでは?

今現在出ている症状は、くしゃみと目のかゆみ。
いつもなら、目薬をさしたり、そろそろ花粉症の薬を買わなくちゃーって思う頃ですが
今年は、とりあえずギリギリまで薬類を飲んだりするのはやめようかなと思っています。

進藤先生の「これが本当の冷えとりの手引書」に、

春になるとスギやヒノキによる花粉症で悩む人は、相変わらず多いようです。実はこの花粉症も、毒出し症状の1つなのです。
(中略)
花粉症を目の敵にせず、目の充血、かゆみ、くしゃみ、鼻水などで、毒出ししてしまいましょう。冬の間の生活でたくさんためこんでいた毒を、スギなどの花粉が引き金となって身体の外へ出してくれているのだと考えてください。
(引用:これが本当の「冷えとり」の手引書

とあるように、花粉症の症状っていうのは、毒出し症状の1つなんですねー。
どうやら、冬の間、足元が冷たい状態でいると、とくに冷えをためこむことになるため、
花粉症として毒出しをしているんだそうです。

私、スギ花粉だけじゃなくてヒノキの花粉もあるので、
今ぐらいの時期からGW明けくらいまでずっと花粉症の症状が続くんです。
家族の中でもスギ花粉とヒノキ花粉両方は私だけなんですが、
これが結構きついんですよね(^-^;
スギ花粉がそろそろ終わりの頃だなーなんて思ってると、今度はヒノキがやってくる・・・みたいな。

花粉症も毒出しだってことなので、出るものはどんどん出していこうと思いますが、
どうしても症状がつらかったり、症状がひどくて生活に支障が出てきちゃうということになったら
薬を飲もうと思っています。
それまでは、とりあえず出せるものはどんどん出しちゃおうと(笑)

花粉症の症状を改善するには、やっぱり食生活を見なおして、
食べ過ぎたりせずに冷えをつくらない生活が大事なんだそうです。
そうすることで、だんだん花粉症の症状が起こらなくなってくるそう。

実はね、薬をなるべく飲まないようにする!と言ってますが、
正直、今まで花粉症のときは薬に完璧頼っていたので、
薬を飲まないで大丈夫なのか?と不安があります(^-^;
でも、せっかく冷えとりをしているのだから、本に書いてあるように、
食生活をもう一度見なおして、食べ過ぎないようにして
花粉症の症状を改善できたらいいなーと思います♪

花粉症のみなさん、一緒に花粉症を改善しましょうねー♪

最後まで読んでくれてどうもありがとう(*˘︶˘*).。.:*♡
ブログランキングに参加しています。ぽちっと応援お願いします♪

にほんブログ村 健康ブログ 冷え取り健康法へ  
**いつもどうもありがとうございます**




この記事の関連記事はこちら

前の記事:«
次の記事: »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントフィード

トラックバックURL: http://hietori.coco-style.biz/hietori_diary/kahun_dokudashi.html/trackback