2012年1月からゆる~く冷えとり生活をはじめました。冷えとり初心者の日々のキロク。

体の冷えだけではなく、「こころの冷え」もなくしていきたい

2012/12/10 * * コメント(2)

今年の1月から冷えとりをはじめて、夏になって暑さに耐え切れず
ゆるゆる冷えとりだったのが、もっとさらにゆるゆる冷えとりになってましたが、
夏も終わり、寒くなってきてからまた通常の冷えとり生活に戻って来ました。

今は体調がすぐれないこともあり、冷えとり強化をしてますが
そのために、購入していた冷えとりの本を近頃また真剣に読み出しています。

今、読み返している本はこちら
 女性のためのもっとちゃんと「冷えとり」生活を読んでます

そこで気になってきたのが、「こころの冷え」。
つい冷えとりっていうと、体の冷えに気持ちが行ってしまいがちですが
こころの冷えもあるんですよね。

こころの冷えとは、こころの乱れなどによって冷えを引き起こしてしまうこと。
こころの乱れによって、頭に血がのぼり足元が冷えてしまうんだそう。

こころの乱れには4種類あって、

【傲慢(ごうまん)】
いばる、人を見下す、上から目線、見栄を張る、感謝しない。
ちなみに卑屈(ひくつ)も傲慢の裏返しなんだそうです。

傲慢だと、肝臓・胆のう系の血管が縮み、その部分が病気になりやすいそうです。

【強欲】
欲が深い、お金に執着、能力や努力以上のものを欲しがる。

強欲だと、肺、大腸が悪くなりやすく、皮膚病や潰瘍性の病気、便秘などになりやすいそうです。

【冷酷】
冷たい(心が)、自分の都合しか考えていない、思いやりがない。

冷酷だと心臓、血管系の病気になりやすいそうです。

【利己】
自分の身の安全、安心、安楽だけを求める。

利己だと消化器を悪くしやすく、肥満になりやすいそうです。

 

冷えとりは、心穏やかに日々を過ごすことを推奨していますが、
こころの乱れは、人間なら誰にもあるような気がします。

みんな持っているものだからこそ、こころの冷えにつながるのだと思いますが、
いかに、これらの感情をなくしていくかって、簡単そうですごく難しそう。

いっぺんになくしていくことは難しいので、
少しずつおだやかに暮らせるようにしていきたいなーと思います。

自分をおごることなく、いつも謙虚さを持って
自分の周りのもの全てに感謝できるような人間になりたい。

冷えとりって、体のこともそうだけどメンタルな部分でも色々考えさせられるなー。

最後まで読んでくれてどうもありがとう(*˘︶˘*).。.:*♡
ブログランキングに参加しています。ぽちっと応援お願いします♪

にほんブログ村 健康ブログ 冷え取り健康法へ  
**いつもどうもありがとうございます**




この記事の関連記事はこちら

前の記事:«
次の記事: »

コメント

  • mocaさん、こんにちは!
    心の冷えと体の不調する部分が合致しているキティです。
    私は消火器が弱いんですが、心の面では利己だよなあ。とつくづく思います。体だけではなく心の冷え取りも本気でしないといつまでたっても冷えが減りませんよね。。。

    2012/12/12 7:36 AM | キティ

    • ☆キティさん

      こんにちは!
      こころの冷えを完全に取るっていうのはなかなか難しいですよね。
      なのでなるべく意識して、自分をおごらずいつも謙虚に、
      周りの人やモノに感謝できる人間になりたいなーと思ってちょっとずつ頑張ってるところです^^

      2012/12/12 2:04 PM | moca

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

コメントフィード

トラックバックURL: http://hietori.coco-style.biz/hietori_diary/hietori_days/kokoronohietori.html/trackback