2012年1月からゆる~く冷えとり生活をはじめました。冷えとり初心者の日々のキロク。

インフルエンザで考えた冷えとりのこと&足湯デビュー

2012/02/16 * * コメント(4)

冷えとりを始めてからもうそろそろ1ヶ月がたちます。
家族の中で冷えとりを実践しているのは私だけ。
でも、こどもたち(長男も次男も)冷えとりに興味があるみたいです。
興味があるっていっても、私が靴下を重ね履きしているので、それが楽しそうに見えるらしい(笑)

そんなとき、次男がインフルエンザになりました。
日曜日に、イナビルという薬を処方してもらって吸入させたのですが、
どうやら次男は、この薬が効かなかったようで熱が上がったり下がったりで
なかなか快方に向かわず・・・。
でもやっと昨日から落ち着いてきて、夜まで熱は36度8分くらいになってました。
ただ夜になったら37度5分に少し上がってしまったけど(^-^;

でね、次男が熱を出した土曜日に、ふと頭にかすめたのが冷えとりだったんです。
でも、私には次男に冷えとりを実践させることができなかったです(^-^;
熱が高くてウンウンうなってるのを見ると、解熱剤をあげてしまいました。
解熱剤を飲ませてほっとする気持ちと、本当は薬ってよくないって本に書いてあったよね・・って
気持ちとが入り交じってしまったんだけど、
「これは多分、間違いなくインフルエンザだもんね。熱さげてあげないと辛いよね。
看護師の人も言ってたもんね」
って、自分で自分に納得させたというか、納得したというか。

家族の中で、冷えとりを実践しているのは私だけなので、
夫はもちろん、子どもたちも冷えとりの本を読んでいないし、多少私が話しているので
冷えとりのことをちょこっとだけ知っている状態。
これが自分だったら、半身浴したり足湯したり靴下をめちゃくちゃ重ね履きしたり・・・と
冷えとり強化してたんだろうなぁと思うけど、さすがに次男には勇気がなくてできなかったー。

・・・多分私、冷えとり健康法のことを100%信じきれていないのかもしれない。
まだまだ私ってダメだなーって思っていたんですが、昨日ね、先日注文してた
841さんの冷えとり靴下たちが届いたんです。
私、靴下と一緒に841さんの冷えとりハンドブックを購入していたんですよ。

それを見ていたんですが、そこのハンドブックにね、

どうしても治したい症状がある場合は、半身浴も毎日2~3時間、靴下も10枚以上履いていろいろ守ってください。冷えとり健康法はこれだけで万病が治るのです。
ただ、そこまで確信的に信じられない方も多いです。不安を感じながらやるよりは自分の信じる健康法と併用したり、ゆるゆるやっても良いと思います。結局自分がいいな、と思う方法が一番だと思うのです。
(中略)
冷えとりをする事によって何かを諦めたり、我慢して不満を持ちながらやるよりは自分の満足する方法を選ぶのが一番です。冷えとりが一番良いんだと、と感じるまではご自分の方法を試してください。
(引用書籍:冷えとりハンドブック)

って書いてあったのを読んで、なーんか楽になった気持ちがしました。
私、冷えとりのこと信じてないっていうよりは、こうしなくちゃダメ、
今までのこれは悪いことみたいに考えてたのかも。
次男に解熱剤やインフルエンザ薬などを飲ませたことに対して、
これで良くなるねって気持ちと、薬飲ませちゃった・・・っていう気持ちが
入り混じってたんです。

ハンドブックを読んで、ちょっとずつゆるゆると冷えとりを取り入れた
生活にしていけばいいんだって楽な気持ちになりました。
そういう私でも、冷えとりを実際にやってみて、「冷えとりはやっぱりいい!」って
思えるところがいっぱいあるから続けているし、冷えとりしてるのが楽しいし、
冷えとり大好きなんですよー!

ゆるゆるでもちょっとずつ冷えとり生活を続けていけば、きっといや絶対に
もっともっと冷えとりの良さがわかってくると思うんです。
それを楽しみにやっていきたいなーって思います。
できることから少しずつ楽しんでやっていこう。

 

・・・って話が長くなってしまったけど(^-^;

ハンドブック読んで気持ちがスッキリしたところで、ふと、
次男に足湯をしてあげたらいいんじゃないかな?と思いたち。
熱が出てから数日間お風呂にも入れてないし、足湯してあげたら気持ちいいだろうなと思って、
夕方から足湯をしてあげました。

今、我が家にある入浴剤はこの間購入した石の入浴剤と、その前に使ってた
バスクリンしかなかったので、とりあえずバスクリンを入れてあげました。

家では初めての足湯だったんですが、とっても気持ちがよかったみたいです。
最初だからなぁと思って、とりあえず15分だけ足湯をさせてみたんですが、
15分間おとなーしく、気持ちよさそうにしてました(笑)

また今日も足湯をしてあげようと思います♪

最後まで読んでくれてどうもありがとう(*˘︶˘*).。.:*♡
ブログランキングに参加しています。ぽちっと応援お願いします♪

にほんブログ村 健康ブログ 冷え取り健康法へ  
**いつもどうもありがとうございます**




この記事の関連記事はこちら

前の記事:«
次の記事: »

コメント

  • こんにちは。
    ちょびっとお久しぶりです。

    すっごく分かります。
    私もまだ1ヶ月くらいですが冷え取りが大好きだし
    自分に合ってると実感しています。
    でも、家族や友達にやらせようと思ってはいないんです。
    自分は冷えとりしたらこういう変化があったよとは話しますけど
    だからやってみたら?とは言わないようにしています。
    それでも、同じ悩みを持っていれば始めた友達もいるし。
    私も、いまの生活スタイルの中で出来ることしか出来ないし
    何でもかんでも一度に買い揃えられないし。
    例えば子供が小さいので半身浴なんてまず無理!
    子供が熱を出せばそれを楽にしてあげたいから薬だって飲ませます。
    病院を頼りにもしています。
    子供は普段靴下1枚、寝るときは汗をかくので脱がせてます。
    そこは以前と変わっていません。
    それって冷えとりを実践する者としてどうなの?って
    思われてしまうかもだけど、やはりそこは個人の考え方だし
    やり方だと思うんです。
    私が冷えとりを始められたのは、『ゆるゆる冷えとり』でもいいんだ
    と思えたからかも知れません。
    絶対にこうしなくちゃいけない、ここのこれを履かなきゃいけない
    と言われていたらきっと出来なかったな。

    841さんのハンドブックの言葉も、mocaさんの気持ちも
    すごく共感出来ました。
    私自身も同じような気持ちがあったので共有出来たようで
    何だか嬉しかったです。

    ゆるゆるでも、自分のペースで楽しくやりたいですね♪
    長々と失礼しました!

    2012/02/16 4:36 PM | みゆき

    • ☆みゆきさん

      おはようございますー!
      みゆきさんも同じような気持ちをもっているってわかって私もなんだかすごく嬉しいです♪

      みゆきさんの気持ちもすごくわかります!
      今の生活スタイルの中でできることしかできないし、今現在できないことはゆっくりできるようになればいいっってスタンスでゆるゆるでも冷えとりを続けてしていけばいいんだなぁって気持ちを切り替えることができたし、冷えとりをしていても、なかなか実践できないことに対して、なんとなーく引け目を感じていたり、やらなくちゃいけないのになーって思って心のどっかがモヤモヤしていたんですが、そういう気持ちになるほうが悪いですもんね♪
      今、自分にできることをする。
      できないことは割りきってしない。
      それでいいんだと思えるようになりました♪

      私もこれからも子どもや私自身も薬も飲むだろうし、医者を頼りに思っているし。
      だからと言って、冷えとりをちゃんとしてないとかそういうことじゃないんですよね。
      冷えとりしてるから、これはこう、ここはこう、みたいな固い考え方じゃなくて、そのときそのときで考えていけばいいんだっていうのがわかったから、これからも冷えとり続けられると思います。
      みゆきさんも書いてくれたけど、絶対にこうしなくちゃいけない!ってなると、なかなか続けることは難しいです。
      それに、もしそうだったら私も冷えとりをしてなかったかも(^-^;

      ほんと、ゆるゆるでも自分のペースで楽しく冷えとりを続けられるようにしたいですよね♪
      私だけじゃなくって同じような気持ちをもっている方がいるってだけでも私には心強いです!!
      やっぱり冷えとり仲間って大事だなーって実感しました。
      きっと私、ひとりで悶々と考えてたらモチベーションダダ下がりだったと思います(笑)

      いつもみゆきさんのコメントに癒されてます♪
      ほんとにどうもありがとう☆

      2012/02/17 9:17 AM | moca

  • 冷えとりをはじめた時に気持ちを思い出しました。

    こんなので・・・
    靴下だけで・・・

    かなり長くそう思っていたのでまじめに取り組めない自分がいました。

    取り組む自分が怖かったというのも本当のところかもしれません(笑)
    関東に引越して、冷えとり仲間と出会い、みんなの体験談を聞くと
    そうだよね!と気持ちも前向きになり取り組めました。
    私の場合、不妊という壁でしたので毎月が戦いだった気もします。

    今は夫も冷えとりや自然療法に対して同じ気持ちになったので子どもがひどい高熱の時でも二人で同じ対処をしようとするようになりました。
    ふたりになればとても勇気がでます(あ、もちろん病院にいくこともありますが元気があれば家庭でできる対処でのりきります)。
    ひとりだったら私も同じ気持ちですよ~^^
    迷いまくります!

    やっぱり冷えとりデートしましょう♪(笑)
    暴れ1歳児がおりますが・・・お話しできるといいですね。

    2012/02/16 11:58 PM | FU

    • ☆FUさん

      おはようございますー!
      先日はどうもありがとうございましたm(__)m

      えっ!?
      FUさんも冷えとりはじめたときはそうだったんですねー!
      なんかすごい安心しました(^-^;

      >取り組む自分が怖かったというのも本当のところかもしれません(笑)
      これね、すっごいわかります。
      今まで何か具合が悪くなると医者を頼りにしていたし、薬も飲んでいたし、私の両親ともに手術などで命を助けてもらっているので、
      どうしても100%信じきれていないというか、信じきれないというか・・・。
      信じようと思っても、どこかで「本当なの!?」って気持ちが正直あります(^-^;

      やっぱり冷えとり仲間って大事ですねー!
      仲間に話を聞いてもらったり、体験談を聞いたりするのってやっぱり大事だなって思います。

      >ひとりだったら私も同じ気持ちですよ~^^
      >迷いまくります!
      FUさんにそう言ってもらえると、めちゃくちゃ安心します!!
      それにやっぱりFUさんも病院に行くことがあるってのも知れてホッとしました♪

      >やっぱり冷えとりデートしましょう♪(笑)
      >暴れ1歳児がおりますが・・・お話しできるといいですね。
      ぜひぜひ冷えとりデートしたいですー!!
      もうFUさんに色々お話聞きたいことがあるんです(^-^;
      またご連絡させていただきますねm(__)m

      FUさんの話を聞けてよかったです♪
      どうもありがとうございます☆

      2012/02/17 9:33 AM | moca

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

コメントフィード

トラックバックURL: http://hietori.coco-style.biz/hietori_diary/ashiy.html/trackback