2012年1月からゆる~く冷えとり生活をはじめました。冷えとり初心者の日々のキロク。

足がほてるのは、極度の冷えだったなんて・・・

2012/02/12 * * コメント(0)

私、冷えとりするまでは、よく足がほてって、ほてって寝付けないことがありました。
冷たいところに足の裏をくっつけたりするんだけど、ほてり感が取れず・・・。

自分では体が冷えているという自覚がまったくなかったけど、
足がほてるというのは、自分自身には自覚はなくても、極度の冷えからきてるんだそうです。
そういえばその頃の私って、靴下が嫌いということもあって普段は素足。
寒いなーと感じるときでも、素足。
おまけに寒いから上半身に着るものをたくさん重ねて着ていました。
上をあっためて、下は寒いという、頭寒足熱を逆にしていたんですよね(汗)

冷えとりを始めてから、お風呂以外は毎日靴下をちゃんと履いて、
足元をあたためるようになってからは、足がほてるというのがなくなってきてます。
でも、冷えとり始めたばっかりの頃はほてり感がありました。ほてり感がなくなってきたのは
やはり靴下をたくさん重ね履きするようになってからのようです。

まだたまぁに、靴下を履いていても足のほてり感があるなぁって思うときもあるんですが
今までみたいに、ほてってほてって寝付けないということはなく、
ちょっと火照ってるかな?と思っても、半身浴とまではいかなくてもゆっくりぬるめのお湯につかったり、
体をあたためたり、冷えとり靴下の枚数を増やすと自然とほてりの不快感がなくなってきます。

そもそも、極度の冷えなのに、なんで足がほてるのか?という疑問がここで出てくるわけですが、
体全体が冷えている為に、静脈の古い血液がスムーズに心臓へ戻らなくなると
体がほてってくるんだそうです。
私のように、足がほてって眠れないって人は、血行がめちゃくちゃ悪い状態らしいです(汗)

きっと、足の裏のほてりを感じているけど、ほてってるから自分は冷え性ではないだろうと
思っている人も多いと思うんです。
実際、私も冷え性ではないと思っていたから。
だから、足がほてって寝られないって方は、足元をあたためるといいですよ!
靴下の重ね履きに抵抗があるようなら、足湯や半身浴を積極的にしてみるとか、
足がほてってるなーと思ったら、冷たいところに足をくっつけたくなる気持ちをぐっとガマンして
足湯をしてみるとか。
冷たいところにくっつけたくなる気持ち、私も経験済みなのですごーくよくわかるのですが
それをしてしまうと、さらに冷えを悪化させてしまうので、冷やすのではなく「あたためる」ように
してみてくださいね♪

しかし、私、実はずっと前から冷えがひどくなってたってことなんですね(>_<)
冷えとりすることで、気づけてよかったー。

最後まで読んでくれてどうもありがとう(*˘︶˘*).。.:*♡
ブログランキングに参加しています。ぽちっと応援お願いします♪

にほんブログ村 健康ブログ 冷え取り健康法へ  
**いつもどうもありがとうございます**




この記事の関連記事はこちら

前の記事:«
次の記事: »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

コメントフィード

トラックバックURL: http://hietori.coco-style.biz/hietori_diary/ashi_hoteri.html/trackback